ご使用のブラウザは最新版ではありません。ウェブサイトが正確に表示されないことがあります。ブラウザを更新してください。

Site Auditテーマ別レポート

概要レポートから、より詳細なレポートのための7つのプレビューウィジェットが表示されます。クロビリティHTTPS実装インターナショナルSEOパフォーマンス内部リンクマークアップコアウェブバイタルが表示されます。

クローラビリティ

クローラビリティレポートは、検索エンジンがサイトをクロールする方法に影響を与えるサイト要素の概要分析を提供します。 このページのグラフのほとんどはクリック可能で、そのような問題が発生した特定のページを含むフィルタリングされたクローリングされたページのレポートへリダイレクトされるようになっています。

また、クロール深度(トップページから各ページに到達するまでのクリック数)、HTTPステータスコード(壊れたページ、リダイレクト、サーバー側のエラー)、サイトマップとクロールされたページの比較も確認することが可能です。

ユーザーと検索エンジンが簡単に重要なコンテンツを見つけることを可能にするため、クロールの深さを3クリック以下にすることをおすすめします。 Sitemap.xmlで指定したページ数とクロールされたページ数が一致しない場合は、効果的でないリンクや技術的な問題により、ウェブサイトのクロール性が低いことを示している可能性があります。

この分析結果を保存したい場合は、インターフェースの右上にある [PDF] と書かれたボタンで、PDFにエクスポートできます。

HTTPS実行

特にGoogleがウェブサイト所有者にHTTPSの採用を推奨しているように、ウェブサイトのセキュリティは現在、SEOにとってより重要なものとなっています。 HTTPS採用レポートでは、証明書の登録(1)、サーバーのサポート(2)、ウェブサイトの構築(3)に関係する潜在的な問題をすべて報告します。 ブロックの一つをクリックすると、問題の内容と解決方法の説明が表示されます。

国際的なSEO

グローバルなウェブサイトを運営する場合、サイトが訪問者の正しい言語で読み込まれるようにしたいものです。 そのためには、Hreflang属性 (rel="alternate" hreflang="x") を適切に使用する必要があります。

Hreflangは、世界中のインターネットユーザーにサービスを提供するために、検索エンジンにウェブサイトの正しい言語と地域バージョンを伝えるHTML属性です。

この属性は、ウェブサイトのHTML、XMLサイトマップ、HTTPに適用して、ウェブ文書の言語と地域URLを指定できます。 このとき、SemrushはサイトのHTMLをチェックして、これらのタグを探します。

このタグを正しく使用することで、世界中の訪問者が自分の好みの言語と地理的トーン(例えば、アイルランドでは英語、米国では英語)でウェブサイトを利用できるようになります。

以前、ウェブサイトでHreflangの使用を確認しようとしたことがある場合、おそらく時間のかかる手作業が必要だったはずです。 Site Auditのこの新機能により、ウェブサイトのタグの使用状況を瞬時に分析できます。

このレポートで、以下を入手できます。

  • Hreflangタグが設定されているウェブサイトのページ一覧
  • 不適切なhreflangコードの解析とその理由
  • Hreflangタグが欠落している可能性がある場合の解析

1. 左の円グラフは、お客様のサイトがhreflangを実装していることを表しています。 円の中央の数字は、Site Auditがクロールしたページの総数を表します。 色のついた棒グラフは、hreflangタグがコーディングされているページの数を示しています。

灰色の部分は、クロールから何ページがhreflangを使用していないかを示しています。 緑色はhreflangが正しく使われているページ数、赤色はhreflangに問題があるページ数を示しています。

円グラフの赤いバーをクリックすると、問題を持つ特定のページを示す、事前にフィルタリングされたクローリングされたページレポートが表示されます。

2. 右側には、hreflangの問題がエラー注意事項に分かれています。 問題の数が表示されているボタンをクリックすると、Site Auditの問題タブにリストアップされた問題が表示されます。

レポートの下部には、hreflang属性が欠落している可能性のあるすべてのページをリストアップした表が表示されます。 各ウェブページについて、どのhreflang値が見つかり(緑のボックス)、どの値が見つからなかったか(灰色のボックス)を確認できます。

詳しくは、Semrushを使ったインターナショナルSEOの方法のブログ投稿をご覧ください。

パフォーマンスレポート

Site Auditのパフォーマンスレポートでは、ウェブサイトのページにあるCSSとJavascriptのリソースをスキャンし、速度に関するあらゆる問題を解決します。 この問題がいかに良く発生する問題であるかは、2018年ウェブサイトパフォーマンス調査でご覧いただけます。

このレポートがチェックする問題は以下の通りです。

  • HTMLページサイズ大
  • リダイレクトチェーンやループ
  • 低ページ読み込み速度
  • 非圧縮ページ
  • 圧縮されていないJavaScriptとCSSファイル
  • キャッシュされていないJavaScriptとCSSファイル
  • 大きすぎるJavaScriptとCSSの合計サイズ
  • 多すぎるJavaScriptとCSSファイル
  • 未確認のJavaScriptおよびCSSファイル
  • 遅速平均ドキュメントインタラクティブ時間

Webサイトのページの平均HTML読み込み速度や、読み込み時間別の内訳(0~0.5秒、0.5~1秒、1~3秒、>3秒)をすばやく分析できます。

前回のクロールからスコアが上昇または下降した場合、緑または赤の文字で表示されます。

なお、ページのHTMLの読み込み速度には、画像、JavaScript、CSSファイルの読み込み時間は考慮されていません。

平均ページ(HTML)読み込み速度は、ウェブサイトの速度が時間とともに向上、または低下する傾向を表示し、最適化の効果が出ているかどうかを確認できます。

一般的に、ページの読み込みは1秒以内に収まるようにすることが推奨されています。 ページの読み込み時間が長いと、ユーザーエクスペリエンスに影響が及び、訪問者のウェブサイト離脱につながる可能性があります。

JavaScriptCSSの数は、JSとCSSのファイルの数に基づいてページの内訳を表示するため、リソースが多すぎるウェブページを見つけることができます。 列をクリックすると、フィルタリングされた「クローリングしたページ」レポートで、特定のページのJS & CSSファイル数を確認できます。

JavaScriptおよびCSSサイズ は、JS & CSSのサイズに基づいてページの内訳を表示し、ウェブサイト上でコードのファイルが最も大きいページを特定することが可能です。 <0>JavaScriptおよびCSSサイズ</0> は、JS & CSSのサイズに基づいてページの内訳を表示します。そのため、ウェブサイト上でコードのファイルが最も大きいページを特定することが可能です。

ページ読み込み速度の表のいずれかのセグメントをクリックすると、フィルタリングされた クローリングされたページ レポートにジャンプします。 ここで、HTMLを読み込むのにかかる時間を見ることができます。

Google Analyticsに接続

GAアカウントをSite Audit に接続すると、パフォーマンスレポートに「インタラクティブになるまでに1秒以上かかります」という通知も含まれます。 これにより、ウェブサイト上で最適化のために対処すべき低速な領域を見つけることができます。

サイトの速度を向上させる方法

ウェブサイトがスピードとパフォーマンスに関する悪い報告を受けていることがわかったら、読み込み時間を短縮し、コンテンツをより速く提供するためのヒントをご紹介します。

  1. 画像などのメディアサイズを縮小する
  2. HTTPリクエストを最小化する
  3. ブラウザキャッシングの採用
  4. ウェブサイトの規模に応じた適切なホスティングプロバイダーを選択する
  5. ファイル圧縮を有効化
  6. CDNを使用
  7. CSSとJavascriptファイルの最小化

内部リンク

外部リンクと同様に、内部リンクもウェブページのオーソリティを高めるのに役立ちます。 例えば、ホームページから製品ページにリンクする場合、そのリンクはホームページのオーソリティの一部を受け継ぐことになります。

このレポートでは、クリック深度が高く見つけにくいウェブサイト上のページや、リンク切れ、内部リンクのランクが最も高いページが表示されます。

内部リンクのウィジェットをクリックすると、ウェブサイトの内部リンクの完全な詳細分析が表示されます。 これを大きく5つの項目に分けて説明します。

  1. ページクロールの深さ:ホームページから何回クリックされたら、ホームページの各ページに到達するかの指標です。 重要なページに到達するのに3回以上クリックする必要がある場合、内部リンク戦略を改善することでサイトのクローラビリティを向上できます。
  2. 内部リンク:ウェブサイト上で一定範囲の内部リンクを受けているページの数を示しています。 また、サイト内のどのページが、どの程度の範囲のリンクを他のサイトに送っているかを示すこともできます(Outgoing)。 孤立したページ(内部リンクが0のページ)や内部リンクが1本しかないページなど、もっとリンクを貼っても良いページがないかどうかが簡単に分かります。
  3. 内部リンク分布: 内部リンク戦略が、どの程度機能しているかを簡単に確認できます。 このグラフの弱いページは、そのページを指す内部リンクを増やすことで改善できます。
  4. 内部リンクの問題: サイトの内部リンクに発生している問題を確認できます。 問題をクリックすると、問題レポートが表示され、詳細が確認できます。
  5. 最も多くの内部リンクランクを通過したページ: リンクしているウェブサイトの他のページに最も影響を及ぼしているページのリストを提供します。

スマートな内部リンク戦略を構築することは、ウェブサイトをよりクローラブルにし、ナビゲーションを容易にする最良の方法の一つです。 サイトの内部リンクを改善するためのヒントについては、内部リンクでキーワードランキングを改善する方法をお読みください。

マークアップ

マークアップは、ウェブサイトのコードに構造化データ項目を追加する方法です。 また、構造化データは、Googleがコンテンツをより深いレベルで理解するのに役立ち、マークアップが提供する情報に基づいて、リッチスニペットやSERPの特別な機能を提供できます。

このセクションでは、Site Auditがお客様のサイトで見つけた無効な構造化データ項目と有効な構造化データ項目の数に基づく評点が示されます。 マークアップされているページの総数、マークアップの種類、サイト上で実際に確認した構造化データ項目のリストが表示されます。

Site Auditは、ベータ版を除き、Googleのほぼすべての構造化データマークアップ項目をチェックできます。

コアウェブバイタル指標

コアウェブバイタル指標は、ウェブサイトの読み込みパフォーマンス、インタラクティブ性、視覚的安定性を測定するための一連の指標です。 Googleのランキング要因として確認されているため、ウェブマスターはこれらの部分に対処することが重要です。

GoogleのLighthouseツールを搭載し、ページの知覚的な読み込み速度を判断する最大コンテンツ描画(LCP、可視ページコンテンツにおける予期せぬレイアウトのシフト量を測定する累積レイアウトシフト数(CLS、ページとの最初のインタラクションにおけるユーザーの経験を定量化するラボベースのプロキシである合計ブロック時間(TBTとして評価されています。