ご使用のブラウザは最新版ではありません。ウェブサイトが正確に表示されないことがあります。ブラウザを更新してください。

ナレッジベース
Semrushツールキット
SEOツールキット
SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法

Workflow

キーワード分析とは、市場に一般的な検索ニーズを満たすコンテンツを提供する機会を見つけ出すことです。一般的にキーワード分析がより具体的であればあるほど、SEO的にはオーガニックトラフィックでの流入獲得が効果的でより簡単になります。これら人気のキーワードは、ロングテールキーワード」と呼ばれています。

幸いにも、これら特定のロングテールキーワードを見つけやすくすること自体が、Semrushならではの機能の1つなのです。では、キーワード分析のためにSemrushをどのように活用すれば良いのでしょうか?

このワークフローにしたがって、Semrushにおけるキーワード分析を実践し、お客様のウェブサイトに合致するターゲットキーワードリストを構築しましょう。

このワークフローをswimmingpool.comで試してみましょう。

このワークフローは、主に3つに分かれています:競合を識別する、お客様が事業を展開する市場でキーワードの機会を見つけ出す、お客様のウェブサイトに合ったロングテールキーワードを見つけ出す、の3つです。

競合を識別する

  • オーガニック競合他社レポートにお客様のドメイン名を入力してください。ここで、共通のオーガニックキーワードランキングに基づき、お客様のドメインの上位競合他社が表示されます。(1)
  • 表示されたリストをレビューし、比較に使うウェブサイトを、表示されたウェブサイトから最大4つ選択します。(2)

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法 image 1

お客様の事業を展開する市場でキーワードの機会を見つけ出す

  • キーワードギャップツールの、一番右の入力フィールドにお客様の上位競合他社とお客様のドメインを入力します(ステップ5でその理由がわかります)。次に、ドメイン間のべン図と「共通キーワード」を比較してください。「キーワードが見つかりません」と表示されたら、リストから競合他社を1つ削除し、すべてのドメインが共有するキーワードのプールが出来上がるまでこの操作を続けます。3つまたは4つ程度のウェブサイトを比較するほうが、5つ以上のウェブサイトを比較するよりもうまくいく場合があります。(3)
  • ターゲットとして絞り込むのに最も簡単なキーワードを識別するために、Keyword Difficultyフィルタを適用して、KDスコアが60以下のキーワードのみを表示します。KDスコアが低ければ低いほど、より簡単にターゲットキーワードを絞り込み、オーガニック分析でランク付けすることができます。(4)
  • お客様のウェブサイトと最も関係性が強くKDスコアが低いキーワードを識別し、エクスポートマネージャーにそれらを追加するためチェックボックスを使用します。(5) 

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法 image 2次に、お客様のドメインに横にあるベン図を、「共通のキーワード」から「最初のドメインに特有」に変更します。(6) 競合他社すべてがランク付けされているけれど、お客様のサイトはランク付けされていないキーワードを表示します。これで、ターゲットとして完全に新規のキーワードを識別することができます。

 

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法 image 3ここでも、「KDスコアが60以下」のフィルタを追加し、チェックボックスを使ってお客様のウェブサイトと関連性があるキーワードをエクスポートマネージャーに追加してください。​​​​​​​(7) レポートは、このように表示されます。このプロセスで見つけ出したキーワードに納得できたら、分析内容を保存するため、このリストをファイルにエクスポートします。

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法 image 4

ロングテールキーワードを見つけ出す

キーワードギャップの操作でターゲットとする一般的なトピックを明確にしたら、Keyword Magic Toolを使って、キーワード分析をさらに掘り下げていきましょう。

  • ターゲットキーワードを「seed keyword」として入力し、さらに多くのアイデアを見つけ出します(例えば、「小型プール」)。(8)
  • KDにフィルタを適用して、ターゲットを絞り込み、関連性があるキーワードを検索します。さらに文字数が4以上のキーワードでフィルタを設定し、4つ以上の単語を含むロングテールキーワードを見つけます。(9)

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法 image 5

  • このレポートからロングテールキーワードをレビューし、リストに追加すべき関連性のあるトピックを探します。1つのサブトピックに関して多数のロングテールキーワードがある場合、そのキーワードを含んだトピックに的を絞ったコンテンツを追加する良いチャンスです。以下のファイバーガラス製小型スイミングプールに関するロングテールキーワードのリストをご覧ください。

SEOターゲットキーワードのリストを作成する方法 image 6これで、お客様のSEO戦略の基盤として使用できるキーワードのリストが出来上がりました。次に最適化するため次の手順を試してください。

  • On Page SEO Checkerにターゲットキーワードを追加して、これらキーワードに関してウェブサイトを最適化するアイデアを収集します。
  • ターゲットキーワードをSEO Content Templateに入力し、ターゲットに関して最適化されたウェブページを作成するために提案されたテンプレートを取得します。
  • ターゲットキーワードのリストをPosition Trackingに追加して、操作を進めるとともに進捗状況を追跡します。