ご使用のブラウザは最新版ではありません。ウェブサイトが正確に表示されないことがあります。ブラウザを更新してください。

ナレッジベース
Semrushツールキット
SEOツールキット
Position Tracking
Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする

Semrush Position Tracking キャンペーンにおけるマルチターゲティングにより、ユーザーは複数のデバイス(デスクトップ、電話、タブレット)および場所(都市レベルまで)でウェブサイトの検索の可視性を追跡できます。 この機能は、GuruまたはBusinessレベルのお申し込みでのみ利用可能です。

マルチターゲティングの限界とは?

Guru: 1つのプロジェクトは、場所またはデバイスタイプの合計10種類のバリエーションをサポートできます。 例えば、デスクトップの検索結果で10都市を追跡することや、デスクトップとモバイルの検索結果で5都市を追跡できます。 新しい場所を追加すると、この場所に追加されたすべてのキーワードは(たとえ以前の場所ですでにトラッキングされていたとしても)、アカウントのキーワードトラッキングの制限にカウントされます。

Business: 1つのプロジェクトで場所やデバイスの種類を最大5,000種類までサポートできます。  新しい場所を追加すると、各場所に追加されたすべてのキーワードが、アカウントのキーワードトラッキングの上限にカウントされます。

マルチターゲティングを設定する

Position Trackingのキャンペーンでマルチターゲティングを設定するのは簡単です。 まず、1つの場所、デバイスタイプ、ターゲットキーワードのセットでキャンペーンを設定する必要があります。 キャンペーンを実施した後、[新しいターゲットを追加] ボタンで新しい場所を追加できます。 このボタンは、キャンペーンの左上隅にあるドロップダウンメニューの下にあります。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 1

ここから、新しいデバイスや場所をプロジェクトに追加できます。 新しい場所とデバイスを選択すると、プロジェクト内の以前のデバイスや場所から同じキーワードをインポートするか(1)、新しいキーワードを追加するかを選択できます。 新しいキーワードを追加する場合は、手動で/ファイルから追加するか、Google AnalyticsまたはSemrush キーワード分析 (2) のレポートからインポートできます。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 2

お客様の所在地の近隣の市場調査方法

マルチターゲティングがどのように機能するのか、例を挙げて検証してみましょう。 お客様が地元企業の経営者で、楽器の修理をサービスとして提供するカスタム弦楽器を製作するバイオリンショップを経営しているとします。 地元企業である以上、お店のある地域の周辺マーケットに直接アピールしたいものです。

Position Trackingのキャンペーンを設定した後、場所やデバイスの種類を1つずつ追加できます。 新規に作成したPosition Trackingキャンペーンにマルチターゲティングを追加することも、既存のキャンペーンに新しい場所やデバイスを追加することも可能です。

お客様の居住地はペンシルバニア州ヨーであるため、Googleマップを開いて、街の周辺にある他の場所を見てみましょう。

Semrushを使って周辺地域での認知度を確認したいため、Red LionShilohなどの小さな近隣の町をチェックし、HarrisburgLancasterなどの大きな近隣都市も調査します。

新しい場所を追加するたびに、前に設定した場所と同じキーワードのセットをインポートするように選択できます。 この新しく追加された場所の特定のキーワードを追加または削除したい場合は、[キーワードリストの編集] ボタンを押して、再度サンドボックスを開きます。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 4

これは、新しい場所ごとに、場所固有のキーワードを更新するのに適した場所です。

[デバイス·場所] タブ

追跡したい場所をすべて追加したら、Position Trackingツールのデバイス·場所タブで追跡できます。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 5

このレポートは、各場所に割り当てられたキーワードに対するウェブサイトの可視性の傾向を比較します。 新しい場所は、グラフに新しい色の線として追加されます。 このグラフは日々更新され、それぞれの場所でお客様のウェブサイトの可視性が高まっているか低下しているかを確認できます。

ある都市の検索ボリュームが、他の都市よりもはるかに多いことが分かった場合、その都市の検索ユーザーをターゲットにする方法を考え直す必要があります。

また、地域ごとにキーワードの検索ボリュームが変化しているかどうかも確認できます。 この表は、任意の変更点によるソートや、キーワードによるフィルタリングが可能です。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 6

最後に、新しい場所やデバイスを追加または削除したい場合は、レポートの上部にあるデバイスと場所のリンクを選択します。 このドロップダウンウィンドウから、各場所に割り当てられたデバイスの種類と、プロジェクトで追加可能な場所数/デバイス数を確認できます(Guruアカウントの場合は最大10、Businessアカウントの場合は最大5000です)。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 7

地域別の検索ボリューム比較

同じキーワードでも都市によって検索ボリュームが異なることを説明するために、「food near me 」に関連するキーワードでカリフォルニア州の3つの都市でyelp.comを追跡するプロジェクトを検証してみましょう。 Semrushが検出したローカル月間検索ボリュームの違いを下の画像でご覧ください。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 8

このように、「Position Tracking」ツールを活用することで、新たにターゲットとする地域市場の可能性を評価できます。 ある都市で十分な検索ボリュームの需要があれば、その市場にはお客様のビジネスが成功するだけの需要があると推察されます。

近隣地域の競合他社の検出

ローカルマーケティングキャンペーンに関しては、地理的な到達範囲を確立し、可視性を理解することが重要です。 つまり、どのようなオーディエンスにマーケティングを行い、誰と競争しているかを理解するために、主要な場所の周辺のすべての町や都市を考慮する必要があります。 さまざまな町や都市の中で、異なるレベルの可視性を持つことになります。 しかし、どうすれば競合他社を理解できますか?

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 9

Position Trackingの中のレポートの一つに競合他社の発見というものがあります。 このタブでは、プロジェクトで追跡しているキーワードでランキングされている上位競合他社が表示されます。 このレポートでは、場所を変更することで、すべてのターゲットエリア間での競合状況を把握することができます。

場所を変えると、設定した場所の情報でグラフやチャートが更新されます。  これは、お客様が気づいていないかもしれない点ですが、より近くで観察することを考慮すべき競合他社を明らかにするのに役立ちます。 以下、リスト形式で、設定したプロジェクトのドメインとリストされた競合他社の両方に共通するキーワードのボリュームに基づいて、追跡を検討する可能性のある競合他社が表示されます。

プロジェクト間のターゲティングのマージと移動

Guru以上のアカウントでは、あるプロジェクトから別のプロジェクトへ、対象となるキーワードのセットをマージできます。 これまで、異なるエリアや異なるデバイスをトラッキングするために複数のプロジェクトを設定していた場合、この機能により、トラッキングデータを同じ場所に集約できます。

その結果、プロジェクトの制限を省き、1つのプロジェクトで複数の分野にまたがる戦略の効果を比較できます。 国際的なキャンペーンや同じ州内の異なる都市をトラッキングする場合、1つのプロジェクトに複数のターゲティングを含めると、作業が容易になります。

なお、2つのプロジェクトが異なる場所にある場合、マージが可能です。 同じ場所にある2つのプロジェクトをマージすることはできません。

別々のプロジェクトで追跡したキーワードを統合するには、キャンペーンインターフェースのタブの上にあるデバイスと場所のリンクの下にある [移動先] ボタンを見つけるだけです。 これらのキーワードの過去データは、すべて対象プロジェクトに転送されます。

Position Trackingを使用して複数のデバイスと地域をトラッキングする image 10

マージが終了すると、最初のプロジェクトで追跡するキーワードを新たに設定する機能があります。 もちろん、新しいプロジェクトから元のプロジェクトに再びターゲティングをマージすることで、いつでもターゲティングを前のプロジェクトに戻すこともできます。  また、ターゲティングをすべてプロジェクトから移動させ、プロジェクトを空にすれば、プロジェクトを削除してプロジェクトの制限を節約できます。

なお、ターゲティングをマージした後、元のプロジェクトのデータを使用してPDFを再構成する必要があります。