ご使用のブラウザは最新版ではありません。ウェブサイトが正確に表示されないことがあります。ブラウザを更新してください。

Position Trackingの概要

検索連動型広告検索またはオーガニック検索のパフォーマンスを追跡する場合でも、Position Tracking概要タブでは、追跡しているすべてのキーワードについて、ドメインの可視性、推定トラフィック、および平均検索順位の概要を確認できます。 検索連動型広告検索キーワードとオーガニック検索キーワードの両方をトラッキングすることで、検索におけるサイトの可視性の全体像を把握できます。

また、レポートの下部には「ランキングの概要」があり、自社と競合業者の順位を確認することや、キャンペーンのキーワードを管理することが可能です。 右の目次から、特定のセクションに移動できます。

可視性の推移

[概要] タブを開くと、最初に表示されるのが可視性の推移チャートです。

可視性% はクリック率(CTR)に基づいた指標であり、現在のトラッキングキャンペーンのキーワードに対するGoogleの上位100からの検索結果のウェブサイトの進捗状況を示します。 この指標は、キャンペーンに含まれるキーワードの検索者の間で、ドメインがどれだけ可視化されているかを表します。

例えば、あるドメインが、対象となるキーワードのいずれでもGoogleの検索結果上位100位にランクインしていない場合、そのドメインの可視性%は0%となります。

ドメインがキャンペーン内のすべてのキーワードで1位を獲得していた場合、可視性%は100%となります。

このグラフは、自分や競合他社の「可視性%」だけでなく、推定トラフィック平均検索順位の推移を表示することも可能です。 グラフの上にある異なるヘッダーをクリックするだけで、推移が変化する様子を見ることができます。

推定トラフィックは、ドメインに訪問する推定人数を表示するために計算されます。 この指標は日々変化しますが、この数値はドメインやURLの現在の順位に基づく1日のトラフィックの推定値です。

平均検索順位は、キャンペーン対象キーワードの全検索順位の平均値です。 ランキングしていないすべてのキーワードでは、ランキングは100として計算されます。

これらのグラフは、推定トラフィックの増加や平均検索順位の低下など、SEOやPPCの取り組みの結果としての改善を測定する方法となる可能性があります。

トラフィック占有率

Businessサブスクリプションでは、トラフィック占有率もこのグラフで把握できます。

Position Trackingの概要 image 2

トラフィック占有率は、前の3つの指標よりも一歩踏み込んで、すべてのキーワードの合計ボリュームを考慮に入れ、各サイトが得るトラフィックの比率を伝えます。

この指標は、キーワードの数だけでなく、実際の検索回数や推定トラフィックによってより重み付けされます。

ウェブサイトのトラフィック占有率は、すべてのキーワードだけでなく、すべての検索のうちどれだけの頻度で表示されるかを表します。

以下が例です。

例えば、月間検索回数が3万回のキーワードを1つ、月間検索回数が50回のキーワードを10つ追跡しているとしましょう。

その1つのキーワードによる月間3万回の検索は、人気のないキーワードの合計よりもはるかに多く、トラフィック占有率に貢献します。

もし、すべてのスモールキーワードで上位にランクインしていても、ビッグキーワードでランクインしていなければ、可視性%は高くなりますが(キャンペーンの多くのキーワードで上位にランクインしているため)、トラフィック占有率は低くなります(月間3万件の検索を逃しているため)。

これは、1つのビッグキーワードが月間3万回検索されるのに対し、これらのスモールキーワードは月間約500回検索されることに相当します。

注記

この機能により、キャンペーンのトラッキングにカスタマイズされた注記を付けることができます。 サイトのメンテナンス、新しいキャンペーンを開始または停止したとき、サイトに新しいランディングページを追加したとき、またはPosition Trackingキャンペーンにキーワードを追加した日付に関するメモを保存できます。 関連するメモを保存することで、可視性、トラフィック、ポジションの急上昇をアクティビティと関連付けることができます。

[追加] をクリックし、ポップアップウィンドウに詳細と日付を入力するだけです。 このウィンドウの詳細設定では、他のプロジェクト、すべてのプロジェクト、またはドメイン分析のグラフに注記を追加できます。

また、「すべて表示」すると、自分が作成したメモとSemrushが追加した自動メモを1つのページで見ることができます。 メモは、概要レポートのトレンドチャートに赤いメモアイコンで表示されます。 グラフの上にある目のアイコンでオン/オフを切り替えます。

競業他社の追加

競合他社は概要レポートで簡単に管理できます。 グラフの上にある入力欄で、キャンペーンに参加する競合を追加変更削除 できます。 一度に5つまで比較でき、データはトレンドグラフとランキングの概要に表示されます。

Position Trackingの概要 image 4

競合他社として独自ドメイン、サブドメイン、サブフォルダ、またはURLを追加するには、ボックスのいずれかに入力するだけです(下図参照)。

「競合他社リストの編集」を選択すると、入力欄から競合他社リストを編集できます。 競合他社のウィンドウが表示され、プロジェクトの競合他社を更新できます(下図参照)。

Position Trackingの概要 image 5

このツールで競合他社を管理する方法については、競合他社の発見レポートを使用します。

ランキングの概要

グラフの下には、「ランキング概要」が表示されます。 ここでは、自社と競合他社の順位を比較できます。 また、この表からキーワードを管理できます。 競合他社ごとの列と、キャンペーン内のすべてのキーワードの行が存在します。

順位、推定トラフィック、可視性、すべて

Position Trackingは、進捗状況を測定するための3つの主要な指標を提供します。順位、推定トラフィック、可視性です。 表の上では、これらの指標の1つまたはすべてを表示するオプションがあります。 どの指標を選択しても、各競合他社の下に列で表示されます。 (下の画像は、各サイトのポジションを表示しています)。

Position Trackingの概要 image 6

[…] をクリックすると、追加された競合他社のこれらの指標を見ることができます。

これらの列のいずれかを高いものから低いものへと並べ替えることで、各ドメインの長所と短所を確認できます。 各キーワードの横には、適用したタグと、結果ページに表示されるSERPフィーチャーが表示されます。

インテント列は、トラッキングキャンペーンの各キーワードに対するオーディエンスの検索のインテントを自動的に表示します。 インテントアイコンにマウスオーバーすると、ユーザーのクエリの目的が表示されます。 分析したキーワードで上位表示されるランディングが、検索者の目的に合わせて最適化されていることを確認します。目的の最適化は、より関連性の高い、適格なトラフィックをお客様のウェブサイトにもたらします。

Position Trackingの概要 image 7

この表は、可視性グラフの上にあるフィルターで、キーワード、検索順位上位、SERPフィーチャー、タグ、検索の目的などで絞り込むことができます。

Position Trackingの概要 image 8

任意のドメインの順位にカーソルを合わせると、キーワードの全URLを確認できます。

Position Trackingの概要 image 9

注意: 貴社のサイトがナレッジパネルを占有している場合、Google Search Console での順位と同じ、11位と表示されます(貴社のページもオーガニック検索において、11位より上位に表示されている場合を除く)。

テーブルをカスタマイズする

右上のテーブル設定をクリックすると、テーブル内に表示されるデータをカスタマイズできます。 テーブルの設定は、列、追加設定、行の高さの3つのカテゴリに分かれています。

列では、SERPフィーチャー、CPC、ボリュームをテーブル内に表示するかどうかを決めることができます。 追加設定では、SERPフィーチャーアイコンやキーワードの任意のタグを表示するかどうかを選択できます。

最後に、行の高さの下にあるテーブルの表示を、ノーマルビューとコンパクトビューのどちらかを選んで変更できます。

これらのカスタマイズは、下部にある [すべてのプロジェクトに適用] ボタンをクリックすることで、すべてのPosition Trackingキャンペーンに適用できます。

Position Trackingの概要 image 10

テーブルの表示方法を決めたら、設定メニューに戻って、表示させたいキーワードのタイプを選びます。 ドロップダウンで、オーガニック検索または検索連動型広告キーワード(Google広告)を選択できます。

Position Trackingの概要 image 11

オーガニック検索キーワードに加え、検索連動型広告キーワードを見ることで、競合他社がお客様のキーワードでより多くの可視性を得るために金銭を払っているかどうかを確認できます。

キーワードを追加中

Position Trackingの概要 image 12

キャンペーンにさらにキーワードを追加したい場合は、[キーワード] ボタンを開き、追跡したいキーワードを入力します。 予算内のキーワードがなくなった場合は、[キーワードを追加購入] の緑色のボタンを選択して追加できます。

キャンペーン実施後に新しいキーワードを追加するもう一つの方法は、設定タブのキーワードサンドボックスを使用することです。 ここで、キャンペーンを再実行することなく、キーワードを追加できます。

Position Trackingの概要 image 13

キーワードを削除

キャンペーンからキーワードを削除するには、左列のチェックボックスでキーワードを選択し、チェックボックスメニューから「選択したキーワードを削除する」を選択します。

Position Trackingの概要 image 14

タグ付けされたキーワード

 

Position Trackingの概要 image 15

 

キーワードのタグ付けは、大きなプロジェクトの整理に欠かせません。 タグは以下の場所から適用できます。

  • セットアップウィザード内
  • 概要レポート内

概要レポートでは、キーワードが表で表示されます。 各キーワードの横には、キーワードにタグを追加するボックスがあります。

Position Trackingの概要 image 16

タグマネージャーでは、キャンペーン内の任意のキーワードに対してタグの追加や削除を行うことができます。 タグのフィルターをクリックし、[タグの管理] を選択すると、タグマネージャーが表示されます(下図)

Position Trackingの概要 image 17

キーワードにタグを適用した後、タグでレポートをフィルタリングして、キーワードグループごとに分析できます。 また、特定のタグを除外してレポートを作成することも可能であるため、キーワードの分析方法を増やすことができます。

また、OR/AND関数で複数のフィルタ条件を一度に組み合わせて、必要なキーワードグループのみを分析することも可能です。

アドバンスフィルタとタグ

アドバンスフィルタにより、進捗状況をより柔軟に把握できます。 キーワードのタグ付けの戦略として、CPCやボリュームなどの指標に基づいたタグを設定できます。 まず、ボリュームが多い(1000以上)キーワードのアドバンスフィルターを追加することから始めます。

Position Trackingの概要 image 18

次に、このフィルタでソートされたすべてのキーワードをハイライトし、「高ボリューム」とラベル付けするタグを適用します。

これで、最も人気のあるキーワードの中で進捗状況を簡単に確認できます。

同じ手順で、特定の範囲のCPCを持つキーワードグループにタグ付けすることもできます。 このようなスマートタグを使えば、毎回アドバンスフィルタを適用することなく、Position Trackingのキャンペーンに戻り、簡単なタグフィルタで同じキーワードグループを見つけることができます。

目的

目的フィルタを使用すると、追跡したキーワードに対するサイトのオーガニック検索順位と可視性を検索目的別にすばやく分析できます。 このフィルタは、自社または競合他社のSEOキャンペーンが顧客のニーズをどのように満たし、サイトのオンラインでの可視性にどのような影響を及ぼしているかをモニタリングするのに有効です。

競合他社がお客様を上回っている場合は、「ランキング概要」表で競合他社の順位を確認し、お客様よりも上位にランクインしている可能性がある理由を確認してください。 また、検索者の目的に合うようにコンテンツを修正し、オーディエンスのニーズを満たすようにします。

1つまたは複数の目的グループを選択して、テーブル内のキーワードのリストをフィルタリングできます。

Position Trackingの概要 image 20

ローカルパックの結果

ローカルパックとは、場所をベースにしたクエリを入力した後にSERPの上部に表示される、ローカルに基づいた結果のグループのことです(以下の例を参照)。

Position Trackingの概要 image 21

ローカルパックがSERPに表示されるすべてのキーワードを見るためにレポートをフィルタリングするには、SERPフィーチャーフィルタを使用します。 メニューから「ローカルパック」を選択し、SERP上のローカルパックを持つキーワード、SERP上にないローカルパック、お客様のウェブサイトがランクされているSERP上のローカルパック、お客様のウェブサイトがランクされていないSERP上のローカルパックを表示するかどうかを選択できます。 お客様が探しているものに応じてフィルタリングします。

Position Trackingの概要 image 22

ローカル検索トラフィックをサイトへ誘導するためには、ローカルパックの結果がこれまで以上に重要になります。そのため、ローカルウェブサイトのポジション追跡キャンペーンを実施しているお客様にとっては、これは便利な機能です。 ランキングの概要テーブルでは、ローカルパックの結果がランク番号の横に小さなピンドロップのアイコンとともに表示されます。

また、ダッシュボードの上部にあるGoogle 3-packのチェックボックスをクリックすることで、ローカルパックの結果をトリガーできます。

Position Trackingの概要 image 23

SERPフィーチャーフィルタは、ローカルパックに加えて、強調スニペット、レビュー、サイトリンク、動画、トップストーリー、インスタントアンサーなどをトリガーするキーワードを特定することも可能です。 また、より詳細な分析には、お客様のウェブサイトが強調スニペットに表示される機会を確認するための特別な 強調スニペットレポートを提供しています。

PDFレポート

PDFレポートは、チームやクライアント、上司にキャンペーンの進捗状況を知らせる上で、非常に大きな役割を果たします。

ランドスケープ概要競合他社の検出デバイス·場所のタブから、ページ右上の [PDF] ボタンを選択し、PDFエクスポートを作成できます。 タグとカニバリゼーション以外のレポートは、Excel、csv、またはcsvセミコロンでのみエクスポートできます。

Position Trackingの概要 image 24

タグ付けされたキーワードの単一グループを含むレポートを作成したい場合は、ランキング概要テーブルを希望のタグにフィルタリングして、レポートをPDFにエクスポートするだけです。 出来上がったPDFには、タグが付いたキーワードの順位情報のみが含まれます。

エクスポートする前に、メール送信、スケジュール設定、PDFのブランディングのオプションが提供されます。 写真をウィンドウにドラッグまたはアップロードしたり、ヘッダーに名前や連絡先を追加することで、レポートのブランディングが可能です。 ブランディングを行わない場合、レポートにはデフォルトでSemrushのロゴと情報が表示されます。

注記:ブランドのPDFエクスポートは、エージェンシーグロースキットでのみ利用可能です。

レポートをエクスポートした後は、レポート の下に保存され、再度ダウンロードする前に、PDFにアクセスしてレポートの要素を編集し、カスタマイズできます。

スケジュール表データのエクスポート

SemrushのBusinessサブスクリプションをご利用の場合、Position Trackingデータのエクスポートを日、週、月単位でメールで送信するようスケジュールできます。

これらの定期的なエクスポートは、毎週更新される通常のメールとは異なります。 このエクスポートは、より多くの情報を含むスプレッドシート(ExcelファイルまたはCSV)になります。

エクスポートのスケジュールには、「概要」レポート、「ランキング分布」レポート、「ランディングページ」レポートなどのオプションがあります。 エクスポートのスケジュールを設定するには、まずこれらのタブのいずれかが表示されていることを確認します。

次に、エクスポートオプションのドロップダウンを開き、スケジュールエクスポートを選択し、エクスポートのパラメータをスケジュールに設定します。 この機能はBusinessサブスクリプションでのみ利用可能であることにご注意ください。

Position Trackingの概要 image 25

キャンペーンの設定

キャンペーンの設定を変更したい場合は、ダッシュボード右上の歯車のアイコンをクリックすることで変更できます。 設定アイコンをクリックすると、ドメインをサブドメイン、URL、サブフォルダに変更できます。 また、キーワードや競合他社、トリガーの変更も可能です。

Position Trackingの概要 image 26

キャンペーンのドメインを変更すると同時に、場所、デバイス、検索エンジン(中国でのキャンペーンの場合はBaidu)も変更できます。 ただし、場所を変更する場合は、それまでの過去データがすべて失われることに注意が必要です。

Position Trackingの概要 image 27プロジェクトセレクター

Position Trackingの概要 image 28

インターフェース上部のプロジェクトセレクターで、以下のことができます。

  • プロジェクト/Position Trackingのキャンペーンをすばやく切り替える
  • 新しいプロジェクトを作成
  • 既存のプロジェクトをトラッキングに変更する
  • 共有されたプロジェクトを閲覧する