ご使用のブラウザは最新版ではありません。ウェブサイトが正確に表示されないことがあります。ブラウザを更新してください。

Content Auditツール

ウェブサイトのサブフォルダをカスタム基準で自動的に分析します。Semrush、Google Analytics、Google Search Consoleからのリアルタイムの指標に基づいて、コンテンツ診断をパーソナライズします。

無償版を開始

コンテンツ分析の自動化

コンテンツ分析をしっかり行うことで、ウェブサイトの全ページを更新し、SERPで上位にランクインし読者を引きつけるのに必要なものをすべて揃える計画が立てられます。

分析範囲の明確化

コンテンツ分析では、監査の範囲を簡単に定義でき、ランキングやエンゲージメントの点で改善が必要なページを数分で見つけることができます。

最大20,000ページまで解析可能

お客様から提供された、またはSemrushが見つけたサイトマップのサブフォルダを選択することで、最大20,000ページのウェブサイトを一度に解析できます。

数回のクリックでデータソースを結合

SemrushのデータをGoogle AnalyticsやSearch Consoleと組み合わせることで、コンテンツのパフォーマンスを全体的に把握できます。

リアルタイムで指標を更新

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleの指標はすべてリアルタイムで更新されるため、努力が報われたかどうかを確認できます。

弱いコンテンツを簡単に見抜く

トラフィック、バックリンク、ソーシャルシェア、直帰率、最終更新日など、すべてのコンテンツ指標を分類して見ることで、すぐに注意を払う必要がある記事を見つけることができます。

対象ページと指標の把握

SEOとマーケティングの目標に沿ったコンテンツを作成するために、選択した指標の下で独自のURLセットを追跡します。

コンテンツをセットで分析

パフォーマンスの低いコンテンツに対処する方法はさまざまです。コンテンツ分析ツールは、コンテンツに何ができるかに基づいて、コンテンツを自動的にセットで分類します。
  • リライトまたは削除最近閲覧数が少なく、リライトまたは削除が必要な古い記事(24か月以上前に公開されたもの)を見つけます。
  • 更新の必要性ある程度のトラフィックを得ている古いページ(24か月以上前に公開)を特定し、更新して順位を上げることができます。
  • クイックレビュー 先月に150回以上閲覧された比較的新しいページを見つけ、どのように改善できるかを考えます。
  • 不十分なコンテンツ 200文字以下の短い記事で、アクションが必要なものを見抜きます。

このようにグループ化することで、それぞれのセットを完成させるために必要な時間と労力を迅速に見積もることができます。そのほか、ページをグループ化するパラメータを決めて、カスタムセットを作成することも可能です。

コラボレーションとタスクの作成

コンテンツ分析は、コンテンツのライフサイクルのあらゆる局面をコントロールできます。分析した各ページに対して行うべきタスクを設定し、チームメンバーに割り当てることができます。
  • 詳細なタスクの説明の作成作業を始めるために必要なのは、コンテンツの一部にメモを追加するか、タスクを作成することだけです。現在のページの指標は、さらなる進捗の追跡のために自動的に保存されます。
  • 共同作業とタスクの共有コンテンツ分析プロジェクトに直接チームを招待するか、Trello または Google カレンダーにタスクを送信します。
  • コンテンツのバージョンと指標の比較新しいワークフローを開始すると、すべてのページのメトリクスと元のコンテンツが保存されるので、比較して最もパフォーマンスの高いバージョンを選択できます。

これらの機能により、ウェブサイトのコンテンツ更新や最適化の進捗状況、ページのパフォーマンスへの影響を常に把握できます。

分析表のカスタマイズ

Semrush、Google Analytics、Search Consoleのデータに独自のコラムやデータを追加し、全体像を把握できます。

分析結果のエクスポート

自動コンテンツ分析の結果をXLSXファイルで出力します。

コンテンツセットのカスタマイズ

ページセットをグループ化するパラメータを決め、セットで分析します。

コンテンツ分析は、コンテンツをとても簡単に分析することができるので、必ずコンテンツを改善できるようになります。
Gill Andrews
ギル・アンドリューズ
コピーライター、ウェブコンサルタント

コンテンツ分析ツールを使ってウェブサイトのコンテンツを分析

無償版を開始